Krose’s diary

40代 シングルマザー 薬剤師の気づいたことをシェアしています。

接遇の勉強会

こんにちは。

ずいぶん涼しくなり、エアコンなしでも過ごせるようになりました。

今日は私が勤めている薬局にて、
接遇の勉強会がありました。

前の会社でうけたことはありますが、
ずいぶん久しぶりでした。

基本の基本をおさらいしましたが、
やはり、ときどき見なおすと力になる分野だと思います。

接遇とは、、、

☆心からのおもてなし

☆仕事を円滑に進めるための三配り
①目配り②気配り③心配り

☆いつも患者様の身になって考えること

挨拶。声出し挨拶を全ての人に、どの場所でもする。

表情

❶笑顔
笑顔で患者様をすこしでも励まして、気持ちよくなっていただく。

笑顔ってほんとに元気をもらいますよね!私も朝から子供や同僚の笑顔で元気になれることがあります。

笑顔をつくる練習をしました。
口角をあげるコツ 「ウイスキー」とゆっくり発音しながら微笑むというシンプルなものですが、
笑顔を絶やさないために何度もミラーチェックをするとよいと教えていただきました。

❷目線
患者様の目線に合わせてまっすぐ見てお話しすること。

態度

お辞儀の仕方
3パターン練習しました。

❶15度 会釈 入退出時、廊下ですれちがうとき。
このとき、顔を下に向けず、目を相手に向けて笑顔にすると習いました。これはここ2.3年で変わってきたそうですよ。

❷30度 敬礼
これはお見送りするときにするとよいと習いました。一流ホテルのように、
頭をあげるときゆっくり動作をするのがポイントのようでした。

❸45度 最敬礼 深々とするタイプで通常はあまりつかわないですが、練習をしました。

言葉遣い

やってるつもりでもやはり難しいと感じるのは敬語の使い方でした。

あとはクッション言葉の効果の大きさも再確認できたので、しっかりいれていくとよいとおもいました。

クッション言葉:恐れ入りますが、申し訳ございませんが、失礼でございますが、お手数ですが等

☆薬局の一番のクレームは待ち時間というのを教えていただきました。

どのくらいお待たせするのかの目安をお伝えすることも大切ということでした。

インプットだけでは意味がない!
明日から早速アウトプットで力にしていきたいです。
日常生活にも役立ちますね。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。