Krose’s diary

40代 シングルマザー 薬剤師の気づいたことをシェアしています。

アンチエイジング No.1の飲み物

私がお気に入りのDr.Axeのyoutube
通勤中に聞いていて興味深いのでシェアします。

アンチエイジングNo.1の飲み物として
緑茶が紹介されています。
Dr.Axeは煎茶と抹茶をお勧めしていました。

日本人が世界的に長生きをしていて、
日常的に一番飲まれているのが緑茶であることからスタートしています。緑茶にはクロロフィルカテキンが豊富に含まれていることが大きな要因と考えられています。

クロロフィルによる効果

貧血予防と改善
ヘモグロビンの生成を促し造血作用を起こします。成分の一つである有機ゲルマニウムが、血液を通して全身に酸素を届ける効果から貧血の改善が期待できます。

コレステロール値の正常化
悪玉コレステロールを排出する力があり、血中脂質濃度を正常にします。コレステロール値が減少するので、動脈硬化や心臓病、糖尿病といった生活習慣病の予防にも繋がります。

美しいお肌を作る
抗菌、殺菌作用に優れているのでニキビの原因菌であるアクネ菌の働きを阻害します。また、ビタミンCと結合すると相乗効果により美白効果があることもわかっています。

整腸作用によるデットクス効果
善玉菌を増やすだけではなく、食物繊維のなかでも更に形状の小さな繊維質も持つので、小腸の絨毛にこびりついて離れない有害物質までも剥離させる作用があります。残留農薬放射性物質ダイオキシン、有害金属物質などの排泄効果にも威力をあらわします。

消臭効果
血液循環をよくし、サラサラで健康な血液状態にする働きから代謝が高まるので、腸を介した体調不良からなる体臭や口臭を改善します。

病気を予防する
強い抗酸化作用があるので免疫力が高まり、遺伝子や細胞レベルで体を活性化します。抵抗力もつくのでインフルエンザなどの感染力の強いものに対しても予防効果が期待できます。

カテキンとエピガロカテキンガレートについて

カテキンは、いわゆる茶ポリフェノールのこと
特に緑茶に含まれるポリフェノールです。

抗酸化作用や抗がん作用、血糖の増加や肥満の予防効果などが報告されています。

カテキンにも種類があり、その中でもエピガロカテキンガレート(EGCG)には強い健康促進効果が報告されています。

抗がん作用や動脈硬化の予防効果
糖類の吸収の阻害
炎症を抑える効果
LDLの酸化を防止する効果
インフルエンザウイルスに対する予防効果
骨芽細胞の分化や増殖を促進する効果



緑茶の効果

アルツハイマー予防
EGCGが脳の神経細胞シナプス)を成長させる効果があると、最近の研究結果から明らかになりました。
②目の保護
EGCGの強力な抗酸化作用が要因
③骨の健康
クロロフィルは体をアルカリ性にしてPHバランスをとる→正常なミネラルバランスを保つ
EGCGの効果
④心臓の健康
EGCGの強力な抗酸化作用
40000人が毎日緑茶を飲み26%の心臓病減少と調査があるそうです。

1日に1〜3杯くらいが丁度よい量で、
最高4杯とDr.Axeは話していました。
カフェインも入っていますが、一杯のカフェイン量はコーヒーの3分の1程度のようです。

私はあまり普段緑茶をんでいません。
血管年齢を下げるというノンカフェインのルイボスティーとお水を主に飲んでいます。

ルイボスティーは南アから来ているのでしょうか?笑
もっと身近な物を取り入れたいと感じました。
灯台元暗しですね。

今から緑茶のみます。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました😊

Have a great weekend✨✨