Krose’s diary

40代 シングルマザー 薬剤師の気づいたことをシェアしています。

子宮頸部異形成

今日は婦人科の定期健診の日でした。

2013年の子宮頸がん健診で再検査になり、
精密検査の結果

軽度子宮頸部異形成

それから約4〜6ヶ月ごとに定期健診をしています。

*****************************************

■子宮頚部異形成とは
子宮頚癌(子宮頚がん)では無いものの、正常細胞では無い変化した状態のことを「異形成」と言います。



子宮頚癌(子宮頚がん)は、異形成上皮(軽度→中等度→高度)→上皮内癌(上皮内がん)→浸潤癌(浸潤がん)と進行していくことが知られています。正常な細胞が癌(がん)になる場合、細胞の核の形に変化が現れます。



異形成は将来癌(がん)になる可能性のある病変(前癌病変)ですが癌(がん)ではありません。

異形成の程度が軽い軽度異形成は自然に治り、大部分が将来消えてしまうことが多いので通常は治療は行いません。又、高度異形成で高リスク型ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染している場合、子宮頚癌(子宮頚がん)へ進行してしまうことがありますが全てではありません。

*****************************************

調べてみると、子宮頸がんの前駆細胞と、怖い病気ではありますが、誰もがかかる可能性のある病気のようです。また、45歳にもなると、
かなりの確率で周りの友人、知人たちも罹患していることを知りました。

軽度異形成⇄中等度⇄高度 は可逆的らしく、
免疫力により、自然治癒することもあるそうです。

4年前、免疫力アップさせて消してやる!!

よもぎ蒸しがよいのでは?

と、よもぎ蒸しパッドなるものを大量に仕入れて、かなり頑張って使用してましたが、消えず、それからは一生付き合っていくものなんだな。と受け入れて定期健診に通っています。

この4年で、彼氏が5年ぶりにできたり、
結婚したり、妊娠したり、流産したり、
高齢出産に憧れたり、離婚したり、、
女性としてかなり大波乱笑

前々回の検査、今年の1月には1度無くなったものの、
また前回は軽度異形成のまま。

去年の9月に子宮メソッドをみつけて、
いかに自分の子宮を大切にしていなかったことに愕然としました。
その後も本を読んだり、DVDを見たりして勉強、実践中。
今年に入ってからは完全に布ナプキンに変えました。
外側ばかり気にする自分とさよならして、
内側をしっかりケアしてあげることを1番に考えるようにしています。

病気は嫌なことではなく、
自分へのお知らせ、と受け入れて
免疫アップ、1日1日を大切にしていきましょう。

検査の結果はどうでしょうね。来週にハガキでお知らせが来ます。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。